1982
1987
2007
1990
1999
next

1.基本データ

車両の長さや重さなどから材質、速度まで、現在の200系新幹線の基本データを集めました。

車体全幅3,385mm
最大高4,360mm
最大高4,490mm(パンタグラフ付)

基本データ

先頭車25,150mm/中間車全長25,000mm/車体全幅3,380m
previous
next

2.車両技術

豪雪・寒冷地を走行する200系新幹線には雪害対策のための様々な技術が備えられました。 また、現在の新幹線車両にも繋がる運転装置が導入されました。

モニター表示装置
雪切り室
スノープラウ
ボディーマウント方式
previous
next

3.車両変遷

時代に合わせてスタイルを変えた200系新幹線。 それぞれの編成で外装、内装ともに様々な変更が加えられました。

line_1982
1982基本スタイル
line_1987
1987シャークノーズスタイル
line_1990
19902階建て車両
line_1999
1999リニューアル車
line_2007
2007リニューアル車(国鉄色K47編成)
previous
next

4.トリビア ビュフェ車両

珍しい設備がいっぱい!ビュフェ車両

Buffet ビュッフェ
Speedometer 速度計
img_trivia102
PayPhone 公衆電話
WaterCooler 冷水器
line01
line02
line03
line04
previous
next

4.トリビア 2階建て車両個室

2階建て車両は個室だらけ?

line01
line02
line03
Compartment4 普通個室4人用
Compartment2 グリーン個室2人用
Compartment2 グリーン個室1人用
previous
next

4.トリビア 車内サービス

サービスが生まれる2階建て車両

Cafeteria カフェテリア
Trainmassage トレインマッサージ
※背景のイラストは249形の2階建て車両のイメージです。 運営されていた時期等は各サービスで異なります。
previous