MEETS 新幹線

赤い新幹線E6系を追え!目次に戻る

 

赤い新幹線E6系を追え! 【Vol.12】ついに走行するE6系に乗車!ワクワク・ドキドキの記念試乗会に密着せよ!!

いいね!

mixiチェック

来月3月16日にデビューを控えた秋田新幹線新型車両E6系の試乗会が開催されました。もちろん、われわれ「新幹線なんでも調査隊」も試乗会に参加しました。乗車したのは、小さなお子さまのいるご家族を対象とした、大宮駅発の親子列車。E6系の乗り心地と、親子列車ならではの楽しい内容について調査してきました!

E6系との対面を心待ちにしていた新幹線大好きファミリーが大集合!

まずやってきたのは大宮駅北口改札付近に用意された受付会場。すでにたくさんのスタッフがお客様をお出迎えする準備を整えています。その後ろには真っ赤なE6系のポスターが掲げられ試乗会のムードを盛り上げています。

section1_img1

section1_img2

受付時刻が近づくと会場には続々とお客様の姿が。みんなこの日を心待ちにしていた様子がうかがえます。

section1_img3

受付では乗車パスと、記念品が入ったE6系の真っ赤な手提げ袋が手渡され、搭乗案内の時間を待ちます。

section1_img4

袋の中身が気になる〜。  小さいお子さん連れの親子が多いね。

section1_text4

この日を楽しみにしていたツバサくんとそのご家族。はやぶさ、あさま、つばさにも乗ったことがあるという新幹線大好きっ子。

赤ちゃんが大きくなったら、今度はE6系で秋田まで乗ってほしいね。

最高の笑顔を見せてくれたモモカちゃん姉妹とそのご家族。たまにはのんびり新幹線で旅したいとお父さんがご応募。

section1_img6

お父さんが新幹線や電車好きっていうご家族も結構いるみたい。

section1_img7

そして、いよいよ搭乗案内の時間。スタッフの誘導でE6系が待つ16番ホームへと向かいます。

E6系を目の前にテンションUP!乗車前にまずは記念撮影。

ホームに上がるとそこには憧れのE6系の姿が。日本初の赤い新幹線を目の前に、子どもも大人も思わずテンションが上がります。試乗会の記念にそれぞれの家族がE6系の前でパチリ。感動をカメラにおさめてからいよいよE6系に乗り込みます。

section2_img1

section2_img2

みんないい顔してる〜!

そんな中、となりのホームにE3系「こまち」が入線。新旧こまちのツーショットが実現しました。

section2_img3

子どもたちも「こまち」に注目!新幹線がたくさんいて大興奮ね。

いよいよ仙台に向けて出発進行!車内アナウンスが旅を楽しくナビゲート!

大宮駅を出発すると、さっそく車内アナウンスにより試乗会の注意事項や、E6系に関するさまざまな情報が紹介されます。「最高時速が300km/hにアップし、東京~秋田間をこれまでの「こまち」より5分早い3時間45分※で結べるようになったこと」や「E6系に使われている色やシンボルマークの意味」など、やさしくていねいなアナウンスが仙台までの道のりを楽しくナビゲート。※下り最速列車の場合

section3_img1

僕らにとっては復習って感じだね!

section3_img2

本当に覚えてましたか?

(話題をそらすように)それにしても、のどかないい風景だな〜。

section3_img3

section3_img4

のどかな風景を眺めていると、突然「ここで、大変うれしいお知らせがあります。トレインジャーがプレゼントを持って遊びにきてくれました!」と再びアナウンスが…。さすがは親子列車号。試乗会のお楽しみはまだまだ用意されているのでした。

次回、気になるトレインジャーを調査!試乗会は後半戦へ。

新幹線E6系コラム

車内アナウンスのMCさんも車掌気分を満喫!旅を楽しくナビゲートしてくれるMCさんは、なんと車掌室にいてアナウンスしていました。もちろん、車掌室に入ったことも、新幹線の中でしゃべったことも初めての経験。車掌さんになった気分で気持ちよくアナウンスできたそうです。

column_img