テクノロジー より速く、より快適に、そして、よりやさしく

新幹線区間を国内営業最高速の320km/hで走行するために、環境性能や快適性を向上させる最先端の技術を採用し、鉄道の進化をリードしていきます。

乗り心地 Comfortable

応答性を高めたフルアクティブサスペンション(動揺防止制御装置)

応答性を高めたフルアクティブサスペンション(動揺防止制御装置)

車体の揺れを感知して左右の振動を低減する装置を、全車両に搭載しました。高速化に対応して応答性と出力を高めた電気式アクチュエータを採用し、さらなる乗り心地向上を図りました。

曲線通過時の乗り心地を改善する車体傾斜装置

曲線通過時の乗り心地を改善する車体傾斜装置

新幹線区間においてカーブ通過時の乗り心地を向上させるために、全車両に車体傾斜装置を装備しています。空気ばねにより車体を最大1.5度傾斜させて遠心力を緩和することで、乗り心地を改善するとともに、通過速度向上を実現します。半径4000mの曲線を320km/hで走行することが可能です。

安全性 Safety

信頼性を追求したブレーキシステム

信頼性を追求したブレーキシステム

ブレーキ力を適正にコントロールするブレーキシステムを採用することにより、320km/hの最高速から、従来の車両(275km/h)並みの距離で停止することが可能です。

利便性 Flexible

「E5系」との連結走行が可能

「E5系」との連結走行が可能

11号車に分割併合装置を搭載しており、「E5系」との連結を可能としています。

環境配慮 Environment

吸音材パネルと台車カバーが騒音を低減

吸音材パネルと台車カバーが騒音を低減

側面の機器カバーには可能な限り吸音材を取り付け、騒音低減を図っています。さらに台車部はカバーで覆うことによって、騒音を抑えるとともに、車体側面を平滑にして空力音を低減させています。

さらに低騒音化したパンタグラフ

さらに低騒音化したパンタグラフ

低騒音型のパンタグラフを採用し、パンタグラフの両側には遮音板を設けました。また、新幹線区間を1台のみのパンタグラフで走行することにより、沿線騒音の低減を図っています。

トンネル微気圧波を低減する、13mのロングノーズ

トンネル微気圧波を低減する、13mのロングノーズ

高速でトンネルに突入した際に出口で発生する音(トンネル微気圧波)を抑えるために、先頭車にはアローラインをベースとした形状を採用しました。そのノーズ部分は13mにもおよびます。

ページトップへ